太陽光発電の仕組み

太陽光発電は コン 再生可能エネルギーとして注目の自然エネルギー

「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」

大気中の熱その他の 自然界に存する熱

中でも太陽光は、他の再生可能エネルギーよりも比較的簡単に導入でき、個人住宅で消費する電力の一部を賄えることもあり、身近な再生可能エネルギーとして知られています。資源が半永久的に枯渇せず、繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。

数年前までは、太陽光パネル本体や施工のための費用が高いだけでなく、日照時間などの影響を受けることで安定した供給が望めないのではないかという懸念もありましたが、東日本大震災などを経験することで、天災による停電や節電といった状況への対応策として。限られた資源を大切に使いたいというエコロジーな意識の高まり。また、2012年7月からスタートした再生可能エネルギーの「固定価格買取制度」導入をきっかけに、多くの方が太陽光発電を自宅に導入されています。

家庭用太陽光発電設置イメージ図

家庭用太陽光発電設置イメージ図

太陽光パネル
太陽光パネルは、太陽電池をたくさんつなげたものです。
いちばん小さな単位は「セル」ですが、そのセルを板状につなげたものを「モジュール」、「パネル」と呼んでいます。太陽光パネルに太陽の光エネルギーが照射されることで、電気を起こします。
パワーコンディショナー
発電した電気をご家庭で使えるように電気を変換する装置です。
接続箱
太陽光パネルとパワーコンディショナーをつなぐ装置です。
売電・買電用メーター
太陽光発電によって余って売った電力と、電力会社から供給された電力を計算します。
住宅用分電盤
家庭内の各部屋へ、電気を分配する装置です。
発電用モニター
現在、どれだけの発電があるのか。売電金額はいくらかといった情報をタッチパネル式のモニターで 簡単に確認することができます。

お得で安全なオール電化へ!

自宅の屋根や屋上で、家庭で消費する電力をまかなうことができると注目される住宅用太陽光発電システムですが、余った電力を電力会社に売電できることができ、副収入になる点も魅力です。

オール電化のメリット・デメリット

▲ メリット

  • ガスを使わないのでガス代がかからない
  • 電気代が高い昼間は発電した電気を使い、電気代が安い深夜の時間帯は、電力会社の電気を利用するため電気代が安くなる
  • 地震などの災害時に、電気・ガス・水道の中でも電気の復旧が一番早いとされている
  • エコキュートや電気温水器の中には貯水タンクがあり、その水を震災時の生活用水として使用することができる
  • ガスを使わないIHクッキングヒーターは炎が発生しないため、火災事故を軽減できる
  • ガスコンロより汚れにくくお手入れが楽
  • ガスのように住宅内に熱源を引き込まないため、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がない
  • ファンヒーターなどガスを使った暖房器具と比較して、室内空気が汚れにくい
  • 売電で副収入が見込める

▼ デメリット

  • オール電化住宅向けの料金プランは、昼間の電気代は高額に設定されている。上手に利用しないと高額になることも
  • IHクッキングヒーター専用の調理器具しか利用できない
  • 停電すると対処策がない
  • 設置費用が高額になる
  • 敷地内に電気温水器の設置スペースが必要になる

2016年4月からは電力の自由化がスタート

今までは地域の電力会社から電力を購入することが当然でしたが、さまざまな電力供給会社の中から、個人が自由に電力を購入する会社を選ぶことができるようになります。携帯電話代金やガス料金などとセットでお得なプランを各社が提供する中で、最適なプランを選び、家族みんなで省エネ生活を満喫してください。

お問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求